エディブルフラワーとは

Edible=食べられる Flower=花

日本でも古くから食用花として栽培されている花があり、菊花というと身近に感じませんか。旬の季節にお浸しや和え物で口にした事がある人も多いと思います。

お花屋さんの飾る用の観賞花と、生鮮食品売り場で購入できる食べる用の食用花の一番大きな違いは、育成の段階で使用される農薬の種類や量です。

観賞花

観賞用の花は生花に彩りや華やかさを与えてくれますが、食べる前提ではないので口にすると体に良いとはいえない農薬や延命剤などが使用されています。その分私達はいつでも好きな時に、お花屋さんで鮮やかなお花を選び観ることができるのです。

食用花

エディブルフラワーと呼ばれる食用花は、一つの食品という概念で作られ、体に無害な状態で出荷されています。花を食べる事に抵抗がある方もいらっしゃいますが、エディブルフラワーは食べても安全、安心、そして観賞用の花々と同じように目で見て楽しむことができます。

生花ブリザードフラワーとは全く違った「観る花」から「食べる花」へ、エディブルフラワーで新しいお花の楽しみ方を体験してみてください!